INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. ルルルで住み始めて料理にハマる!ハンガリーの医学部に入って医療を学ぶため、高知大学で英語力を強化中。バイトも頑張る大学生。熊本出身

ゆうへいくん
大学生

ルルルで住み始めて料理にハマる!ハンガリーの医学部に入って医療を学ぶため、高知大学で英語力を強化中。バイトも頑張る大学生。熊本出身

1:なぜ、ルルルへ入居しようと思いましたか?
高知大学に通っていますが、必要な英語力をつけ、卒業後、留学して医学部で学んで医者になり、将来は地元の熊本で医療に貢献したいと思っています。その夢を叶えるために、国際色豊かなゲストさんと話をして、英語力を磨きたいと思って入居を決めました。

実際、イタリアやフランス、ベルギー、中国などいろいろな国の人が宿泊していて、ラウンジで話をしています。改めて思ったのが、英語は世界の人と話せる共通語だということです。

また、大学の第2ヶ国語の授業の選考を考える際、英語よりもフランス語が得意なベルギー人と話をしたこと、フランス語が第一言語のカナダのモントリオールから来たスタッフのジミーと話したことをきっかけに、フランス語を勉強したいと思ってフランス語を選考しました。ゲストとの交流が選考を決める際に役立ちました。
2:ルルルで暮らす魅力は何だと思いますか?
学生、社会人など様々な年代の人と共同生活を送ることでいろいろな刺激を得ることができることです。特に社会人の先輩と話すと、学生同士とはまた違った学びがあります。悩んでいる時にもシェアメイトが相談にのってくれたりアドバイスをくれるのがありがたいです。

初めはゲストとの英語での交流を目的に入居しましたが、シェアメイトからたくさんの刺激をもらえていることは、予想していなかった良かったことでした。

また、大学生になるまでは料理はしていなかったのですが、するようになりましたました。キッチンは、調理道具や調味料などが一定そろっているので料理がしやすいですし、節約になります。最近、作るのにはまっているのは、ミルクレープです。
3:ルルルに入居を考えられている方に一言お願いします!
一人暮らしでは味わうことのできない共同生活の楽しさがあります。でも、自分の部屋はプライベートが守られていいるので、バランスがよく、快適に暮らせます。

学生の先輩からは一人暮らしは寂しいと聞いたことがありますが、ここは寂しくありませんよ。ぜひ、一緒に暮らしましょう!