INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 遠くの街から1人バスに乗って見学に来てくれたしっかり者の息吹ちゃん。独特の面白さで、今ルルルでの注目度NO1です。富山県出身。

イブキ
大学生

遠くの街から1人バスに乗って見学に来てくれたしっかり者の息吹ちゃん。独特の面白さで、今ルルルでの注目度NO1です。富山県出身。

大学合格おめでとうございます。「合格したら入りたいです」と言ってくれて、その言葉通り無事合格し、入居してくれてとっても嬉しいです。
実際入居してみて、ルルルの生活はどうですか?
入居する前は『どんな人がいて、その人達と仲良くなれるかな。。』と少し不安でした。入居後はコロナの関係で4月から学校が始まらず自宅待機でしたが、ラウンジで他の住人の皆さんとゲームをしたりトランプをしたり、ベランダで女子会に誘ってもらったりして、すぐに溶け込めました!「一緒に過ごす仲間だから家族みたいなものだよ」、と先輩住人に言われたのも嬉しかったです。
県外から1人で来ても、シェアハウスだとで寂しくないです。また、防犯面でも一人暮らしと違い、安心して過ごしています。
オーナー夫婦の子供たちとも交流がありますか?
はい とっても元気で優しい子供たちです。私には弟がいるので、弟の小さい頃を思い出しながら話をしています。
みんなで公園へ遊びに行った時や、交流会でも一緒にゲームをしたり遊んだりしていて、シェアハウスルルルを盛り上げてくれる大切な存在だなと思います。
シェアハウス若手メンバー・イブキちゃんより、シェアハウスに入る心得などがあれば教えてください。
趣味や好きなものがあれば、他の住人と共通点があるとすぐに仲良くなれるということがよく分かりました笑。私はゲームが好きで、シェアメンバーにもゲーム機を持っている人が多かったので楽しんでます。
私自身本当に服や教科書など、必要最低限の荷物しか持ってこなかったのですが、全て揃っているので全然大丈夫でした。
あまり気負わずにぴょんと飛び込んでも大丈夫だと思います。