BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Staff Blog
  4. 妻から見た英雄ではない龍馬伝 江戸の元祖不良カップル!「我が夫 坂本龍馬」一坂太郎 著

妻から見た英雄ではない龍馬伝 江戸の元祖不良カップル!「我が夫 坂本龍馬」一坂太郎 著

こんにちは 高知初のシェアハウス&ゲストハウス支配人のタローです

宿は「待つ」のも仕事 お客さんを待っている間に読書 線を引き引き読んでます

さて、今日の本は・・

「我が夫 坂本龍馬」一坂太郎 著

高知が生んだ英雄 坂本龍馬 その龍馬について書かれた本は数あれど、妻であった「お龍」からの視点で書かれた龍馬像というのは、あまり知られていない・・

そういう意味でも結構貴重!

まず表紙を見て分かるとおり、お龍 なかなか色気のある美人さんやね〜

で、読んでみて・・ う〜ん 面白い!

やはり妻であり、もちろん女性からの視点だから、幕末の英雄伝として書かれた龍馬や、その周辺で起きた出来事を捉える目線が全然違うのが面白いね

わかりやすく言うと、女性週刊誌的な下世話な視点で感想が綴られているのが超新鮮!

ただ、龍馬が死んで、だいぶ後になってインタビューを受けながら答えた回顧録みたいな内容だから、記憶持うろ覚えだろうし(実際結構、間違っている)、思い込みや、恨みなども入っているので、史実に対して正確かどうかというと、そういう類いの内容ではない・・

でも、例えばこれ!

千葉周作の娘その子は、親に似ぬ淫奔女であったそうです

どう、凄くないですか? NHKの龍馬伝では、貫地谷しほりが演じていた、道場の娘さんですよね?

お龍も、会ったわけじゃないから、あくまで龍馬がそう言っていた、ということになるんだけど、ホンマかな・・・

だって、あの二人婚約までしてたんでしょ???

この辺のうさんくささが、なんとも面白い!

ところで、お龍は龍馬と死別した後、明治8年になって西村松兵衛という男性と再婚してたんだね・・

龍馬の死後、約8年

で、明治39年に66歳で亡くなったらしい

死んだ後、龍馬の人気が国民的に上がってくるにつれ、お龍の墓には、西村松兵衛の妻ではなく、龍馬の妻として死んだと彫られたらしい

この辺りも、なんだか面白いな〜

ところで龍馬は筆まめだったから、お姉さんなどに結構手紙を書いている

それらのうち150通くらいが現在も残っている! スゴイね

でも、お龍に書いた手紙はたった1通しか残ってない・・・

もちろん、もっとたくさん書いたはずなのに、お龍が全部焼いてしまったらしい!!!

「人に見せたくない!」とのこと・・・

龍馬の死後、お龍が結構荒れた暮らしじゃなかったのかな・・と想像したりする

現代で言えば、シド&ナンシーのようだったに違いない江戸のぶっ飛び不良カップル

シドとナンシー、その真実。 | paragy.com

他の幕末偉人と違って、龍馬はお龍を、どこにでも連れ回したし、世の中のことや、龍馬が考えていることをお龍に色々と話していたようだから(この時代の幕末偉人はあんまり妻とそんな話しはしないらしい)、お龍も色々感じるところ合ったと思うなあ

そういう意味で、幕末の舞台の最前線にいた女性として凄く珍しい存在

その彼女からみた、龍馬であり幕末伝

思い白かったです!!!

この動画は結構いい感じでまとめているようです

ちなみにこちらは、お龍の晩年の写真らしい

なんとなく品があり、昔は美人さんだったような面影が・・・

ただ、こんな風に、この写真の真贋については、色々意見があるようです・・・

というわけで、気になった方はぜひルルルへ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事