BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Staff Blog
  4. 遠くアフリカの横の小島から、いらっしゃい〜 そして、ルルルの朝食風景!

遠くアフリカの横の小島から、いらっしゃい〜 そして、ルルルの朝食風景!

こんにちは 高知初のシェアハウス&ゲストハウス支配人のタローです

ルルルの朝は7:30からはじまります

7:30からのラウンジでの朝食を準備すると、その日宿泊のゲストや、シェアハウスの住人達がぞろぞろとやってきて、パクパクとご飯を食べていく

仕事や学校に行く前で、もう顔がシャキーン&元気いっぱい!という人から、夢遊病患者のようにボーっとしている人など様々

ここで、短い時間だけど、色んな話しを、色んな人とするのが楽しい

今日は、フランス人ゲスト3人組が泊まっていて、旅行の計画や、オススメのスポットなど色んな話をしていた。

そして、出身地の話になり、彼らがアフリカ大陸の隣、マダガスカル島の横に位置する、小さな島から来たことが判明!

アフリカ大陸の横の、小さな島だけど、ここはれっきとしたフランス領

その隣にある、モーリシャス島のほうが有名?

ちなみにレユニオンから、マダガスカルは見えないのか?と聞いてみると

(アホか!見えるわけないじゃん!)のような表情を浮かべながら、「500キロあるからね〜 ムリムリ」と返されました

日本に来るために、レユニオン島から仏蘭西に渡り、そこからドバイ経由で、2日かけてきたそう!

そう言えば、ゲストハウス・ルルルをオープンした5年前にも、ここからやってきた夫婦がいて、驚いたのをよく覚えている。

1年半前から東京に住んでいて、今回は6日間掛けて、香川から高知、四万十、松山、広島、岡山、そして香川から東京へ帰るという予定の旅行

同じく宿泊中の日本人ゲストとも少し話をした。彼は、2,3ヶ月ほど高知に滞在を予定していて、現在はルルルで高知の様子を見ているところ。

奥さんが外国人で、現在コロナの影響もあり、少し離ればなれ・・ でも、今の間に旅行をして、気を紛らわしている様子

近日、ラフティングをする予定で楽しみにしているそう。ひょっとしたらルルルに長期滞在するかもしれない!

そして、朝食時の楽しみの1つは、シェアハウスの「ルルル日記」を見たり書いたりすること

住人やゲストが、その日あったことなどを、適当に書いてる日記帳

どれどれ・・

早起きしたら、脳細胞の65%が死んだそう・・・  ああ、あいつやな・・

だいたい分かります 誰が書いたか! でも朝起きただけ良しとしましょう!

これは、先日ルルルが夏休みをとって、ラウンジのシャッターが数日間閉まっていたときのメッセージですね・・

あの数日間はゴメンね・・・ でも私たち家族は東京・三軒茶屋の太陽を浴びてきました!

人生初の金縛りをルルルで体験・・・

ルルルが変なトラウマにならないと良いが・・・

そして、意味不明なイラスト!

どうです? 1日の始めにしては脱力感がスゴイでしょ?

そして、気分直しに、この本を読みます

1日1話1ページ ビジネスやスポーツ会の偉人たちの、ありがたい言葉に朝から無駄にテンションが上がります!

今日は北方謙三

アタリの日と、ハズレの日があります

さて、そんなルルルの朝の風景が気になった方

ぜひ、ルルルへお越し下さい

まずは、軽く宿泊からの方はこちら!

さっそく済んでみたい方は、こちら!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事