BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Staff Blog
  4. 7月16日公開アニメ「竜とそばかす姫」舞台は高知!ルルルの裏の「鏡川」が!ルルルは??

7月16日公開アニメ「竜とそばかす姫」舞台は高知!ルルルの裏の「鏡川」が!ルルルは??

こんにちは 高知初のシェアハウス&ゲストハウス支配人のタローです

7月16日公開の話題映画「竜とそばかすの姫」が高知を舞台にしているとのこと!

細田守監督の最新映画「竜とそばかすの姫」2021年7月公開!

どうですこの風景? 高知市民なら超見覚えがあるでしょう?

↓こちらが、予告編動画と細田守監督へのインタビュー映像です

そのインタビューの中で細田守監督ははっきりと言ってますね

「なんで舞台を高知にしたか? まずね、川が美しいこと。 」

「様々な場所をロケハンした結、果雄大な自然に惹かれて高知を舞台にすることに決めた」

「川をモチーフにしようと決めた。 川は単に美しいだけじゃなく、そこに生と死がある。 川がある高知を舞台にしようと考えた。

なるほど・・ 

確かに、高知市民にとって、川はとても日常の中の風景

観光としての仁淀川だけじゃなく、もっと生活の日常風景の中にあるのが川かな・・

たとえば、このルルルのすぐ裏に流れる鏡川 たぶん高知で1番メジャー?な川かな

高知といえば、県外人にとっては、太平洋の「海のイメージ」が強いとおもいますが、高知市内に暮らしている大多数の高知市民にとっては、海より川のほうが、身近じゃないかな・・と思います

そういう意味で、高知を舞台にしたこと! きっと正解でしょう!!!

さて、その「竜とそばかすの姫」ですが、ストーリーはこんな感じ。

自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。
母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

主人公の名前が「すず」かぁ・・・ なかなか古風な、今どきあんまり聞かない和風名ですね・・・

まあ、それは良いとして、他にも予告映像を見る限りでは、電車の中の風景や、主人公・すずの暮らしている越知町の風景などが劇中に出てくるようです

このサイトが良くまとめているみたいですね!

竜とそばかすの姫は高知県仁淀川が舞台!聖地へアクセス方法は?

こんなツイッター情報もありました

確かにこれは良く似ている! というかそっくり!! というか同じ場所でしょ?

しかし!!!! どの情報もまだ、ネットに載っているのは、ネットで調べられる情報ばかり!

というわけで、近日これらの場所に行って、実際の風景を報告したいと思います

もちろん監督の過去作品もおさらいしときましょう!

そして、公開は7月16日・金!

無料イラスト 2021年 カレンダー 7月

23日のオリンピックの1週間前からスタート!

乞うご期待!!

映画見たくなった後、高知に来たくなったら、ぜひルルルへ!!

住みたくなってもルルルへ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事