BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Staff Blog
  4. なんでやねん!という発明!言葉のセンスがスゴイ!「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」ナイツ 塙宣之 著 ルルル文庫より

なんでやねん!という発明!言葉のセンスがスゴイ!「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」ナイツ 塙宣之 著 ルルル文庫より

こんにちは 高知初のシェアハウス&ゲストハウス支配人のタローです

宿は待つのも仕事 お客さんを待っている間に読書 線を引き引き読んでます 

さて、今日の本は・・

言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか

ナイツ 塙宣之

面白かったですね 一気に読みました

彼が出場者としてM1をどう見ていたのか、そしてその後、審査員としてM1をどう評価していたのかを、かなり克明に書いてます

もっと、ひょうひょうとした人で、こんなに熱苦しく!お笑いを語る人だとは知らなかったので、凄く意外でした

お笑いに対する愛を感じると同時に、お笑い王国・吉本の大阪からではなく、関東芸人として感じている劣等感?みたいなモノもビシビシ感じましたね

と言っても、この塙さんは佐賀県出身ですが・・

ところで、この本は聞き書きスタイルで書かれたようなので、塙さんが直接書いたわけではないようです

だから、メッセージはビシビシ伝わってくるんですけど、本全体としては、もう一つパンチがないです・・

さて、私が読んでいて気になったベスト3 フレーズです

大会と言うのは、その後の発展を考えたとき、初代王者が誰になるかが、とても重要です。その大会の角が決まるし、方向性も決まります

このことに関しては、本全体で熱く語っています

「なんでやねん」は日本の方言の中で、最大の発明と言ってもいいかもしれません

なんでやねん! を「発明」と言いきってしまうところに、言葉を武器に闘うお笑いプロの言葉のセンスを感じました

確かに、この言葉は強い!


下ネタや毒は、どんなにうまくやっても、笑ってしまった人に小さな罪悪感を植え付ける。誰しも黒い部分を持っていて、そこを解放してあげることもお笑いの役割のうちの1つだと思っています。

なるほど・・ 笑いをそんな風に考えたことは無かったですが、思っているけど言えないこと、言葉にならない気持ちを、代わりに言ってくれてる人という見方は確かにありますね

というわけで、今回の気になる大賞ベスト3フレーズはいかがだったでしょうか?

気になる方は、ぜひルルルまでお越し下さい ルルル文庫に使用済み本を置いてます

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事