BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Staff Blog
  4. ルルルのシェアハウス事情「友達同士の入居で困ってません?」

ルルルのシェアハウス事情「友達同士の入居で困ってません?」

友達同士で一緒に暮らしたいね と思ったことありませんか?

気の合う友達や仲間となら、毎日楽しそうだし、趣味仲間の場合なら、毎日その趣味について話が出来るので、楽しそう!って思いますよね?

「友達同士 イラスト」の画像検索結果

でも、実際は友達同士で部屋を借りって結構難しいんです

まず、普通の賃貸アパート契約の場合、住むことができるのは本人、ないしその兄弟、家族、あるいはカップルという想定がほとんどで、友達同士とか趣味仲間で借りる、ということができないことがほとんどです。

「賃貸アパート イラスト」の画像検索結果

もちろん、個人として契約をして、そこに友達が遊びに来るのは問題ないのですが、同居するとなると、少し事情が変わってきます。

これ、大家さんが何を一番心配しているかというと、友達や仲間だと、メンバーの誰かが出て行ってしまったときに、家賃を払い続けることができるのか? という点です

つまりお金問題です

「お金 イラスト」の画像検索結果

例えば、4人で10万円の物件に住んでいたとして、最初のうちは2.5万円ずつで済んでいたけれど、何かの事情により1人が退室することになった。

でも、だからといって、家賃10万円は変わりません

ということは、当然、1人あたり支払いが増えます

その額、3.4万円、つまり、いきなり36%増額!!!! おいおい!!!

そして、もしもう1人出て行ったら、倍の100%増し!!! になるわけです

「お金問題 イラスト」の画像検索結果

こうなると、明らかに生活に支障を来します。そして、やがて先に出て行った友達を恨んだりするようになります・・・

最初は上手く行くと思っていた共同生活ですけど、1年2年の間には、色んな事情で予定外のことが起きるもんです

実家へ帰らなければ・・、彼氏(彼女)ができた・・、仲間同士のケンカ別れ・・、仕事の変化・・(転勤、移動、急に忙しくなるなど)、金銭的な状況の変化・・、病気などなど・・・

「ケンカ別れ イラスト」の画像検索結果

事情は様々ですが、特に若いうちはこういう環境・状況の変化があるもの!

でも、どんな事情があるにせよ、家賃は待ってはくれません

契約した人は、最初に決めた家賃を払い続けなければいけません

そうなると大家さんは、「家賃滞納が始まり・・・」ということを想像してしまうので、共同生活などの責任の所在がはっきりしない、つまり代表者だけでは金銭的な事情が変化したときに対応しきれない、共同生活への賃貸を躊躇してしまうのです

「家賃滞納 イラスト」の画像検索結果

実際、ルルルもシェアハウスを始める前に、普通の賃貸アパートを経営していましたが、その時に、何回かこのような状況を見てきました。

一番多かったのは、彼氏と一緒に住むことになったのでメンバーのうちの1人が出て行く。そして、残された人だけでは、家賃が支払えない・・・ そして滞納、そして解約・・・ という流れです

「彼氏ができた イラスト」の画像検索結果

ルルルのシェアハウスはこんな過去の教訓から始まりまりました!

友達同士、仲間同士で済むのは楽しい!

でも、誰が悪いわけでもなく、状況は変わるもの。

誰かがいなくなっても(経済的には)安心して暮らし続けられるスタイルがないのか?

そんなところから始まったんです。

だから、シェアハウス・ルルルでは、友達同士で入居しても、それぞれがルルルと契約を交わして、家賃を支払って頂くので、もし、何かの事情により、友達の誰かが出て行くことになったとしても、他の友達に、少なくとも経済的な迷惑をかけることはありません!

「契約 イラスト」の画像検索結果

もちろん、友達同士で入居したとしても、契約はそれぞれなので、それぞれの個室を持ちます。でも、友達同士で料理をしたり、夜まで話し合ったりするのは自由! そして、必要があって退去しないといけないとしても、誰にも迷惑をかけることなく、自分のタイミングで出ることができます。

でも実際のところ、他の住人とも仲良くなって、みんなと話をしたり、食事をしたりするので、元々友達かどうかなんてあんまり関係無くなってくるもんなんです

というわけで、結論として、友達同士、仲間同士で暮らしたいならシェアハウスが一番!

間違っても一軒家をみんなで借りたりしちゃダメ! きっと後でトラブルの元になります!

私も若い頃は友達と住むのに憧れました!!
なんと言っても毎日が楽しそうですもん。気が合うから話は山ほどあるし。

仲の良い友達と同じシェアハウスに住む。

これも誰かが結婚したりするとなかなかできるものではありません。
是非やってみたい時にやってみることをオススメします。
私たちはお友達同士の入居、大歓迎ですよ〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事